ほうれい線対策メイク

*

ほうれい線対策メイク

老け顔になるほうれい線ですが、メイクをちょっと変えるだけで印象が変わるもの。
年齢とともに顔の輪郭はぼやけて大きくなり、各パーツは下に垂れてくるのでこの変化に合わせたメイクが大切です。


ほうれい線対策メイクは、上半分に視線を集めることがポイント!
ほうれい線がある顔の下半分を目立たせないメイクになります。
眉を太く短くまっすぐに描いて存在感を出すのです。
パウダーブロウで描くと印象に残りやすいですよ。
ピンクベージュ系のリップは肌色を明るく見せる効果もあるのでオススメです。
これでほうれい線がぐっと目立たなくなります。


●アイブロウの描き方
パウダーブロウ2色のうち薄い色で、眉頭から眉尻まで、やや太めでなだらかな眉の形をとる。
眉尻の長さは目の際から斜め上を目安に細長く引きすぎないこと。

濃い色で、眉の真ん中から眉尻に向かって描く。全体的に濃さが均一になるように心がける。
濃い色のパウダーで眉の真ん中から眉頭に向かって描く。最初にブラシを置く部分が最も濃くなるので、毛の最も密集している部分にのせるのがコツ。


●リップ
肌になじむピンクベージュ系のリップをひと塗り。リップライナーやブラシを使わず直接リップを当て、唇の形どおりに端から端まで丁寧になぞる。

これで太く短いストレートな眉が視線を顔の上半分に集め、リップも肌を明るく見せるので顔全体がスッキリし、ほうれい線が目立たなくなりますよ。

ライスビギン新製品紹介

ほうれい線対策メイク関連ページ

たるみの原因と対策
女性の印象を大きく左右するほうれい線。 くっきりしたほうれい線は、実年齢より上に見られ、女性には迷惑なもの。 […]
ほうれい線美容医療
ほおの脂肪を支える顔の筋肉が加齢で衰えると、ほおが垂れ下がり、ほおと小鼻の外側から口の両脇にかけて、溝が深くな […]
たるみを遅らせ若返り
老け顔の最大の原因は、実は「顔のたるみ」。 顔面の下垂によって、影ができることが老け顔に見える理由。 顔のたる […]
筋肉をゆるめるストレッチ
食事をする、会話をするなど口は日常生活の中で必ず使うパーツ。 だからこそ、筋肉や舌の動きなどをちょっと意識する […]
かむ筋肉アップのエクササイズ
奥歯をギュッギュッとかむトレーニングを続けることでキレイな口元になり、若々しさがよみがえります。 私たちが毎日 […]
舌の引き上げエクササイズ
舌を引き上げる筋肉を鍛えるとあごがほっそりし、首のたるみにも効果的ですよ。 舌をしっかり持ちあげて口角やほおを […]
口角アップエクササイズ
口角がキュっときれいに上がり、ほおの位置がふっくらと高くなると表情がぐんと若返ります。 自然な美しさを引き出す […]
バルーンエクササイズ
口のまわりにくっきりできたほうれい線って気になりますよね。 筋肉を鍛えることで若々しい口元を取り戻すことは可能 […]