美容液・クリームのつけ方

*

美容液・クリームのつけ方

美容液やクリームは、肌の悩みに対応したスペシャルアイテムです。なので、美容液やクリームは誰もが毎日使うものではなく、肌トラブルのある人が少しでも改善したいと思ったときに利用します。紫外線によるシミが気になるなら美白用の美容液やクリームを、小じわが気になるならハリをもたらせる美容液をといった具合に。
配合された成分によって機能が違うので、選ぶときに迷ったら、メインとなる有効成分をチェックすると参考になります。

美容液とクリームの形状の違いは、おもに油分の量です。
美容液は油分が少なくさらっとみずみずしい機能。クリームは油分が多くこくのある感触です。また、配合したい成分が美容液に入れやすいのか、クリームにいれやすいのかといった、技術的な問題から形状が決まる場合もあります。どんな肌トラブルを改善したいのかをはっきりさせ、目的に合った商品の中から好みの使いごこちの良い化粧品を選ぶのがおすすめです。

つける順番に注意

美容液は油分をあまり含まないので、化粧水と乳液の間につけ、クリームは油分が多く肌表面にふたをしてしまうことになるので、スキンケアのいちばん最後につけるのが基本。
けれど、なかには「クリーム状の美容液」といった物もあり、用法は説明書に従うのがベストです。つける順番を間違えると、せっかくの効果も半減してしまうので注意しましょう。

また、とにかくたくさんつければ効果がアップするというわけでもありません。かえって「油分が多すぎてニキビができた」など肌のトラブルを招く原因にもなります。つける量についても、各商品の指示に従いましょう。

ライスビギン新製品紹介

美容液・クリームのつけ方関連ページ

乳液つけ方のポイント
乳液は、皮脂のたりない部分に補いたい油分を含んだ保湿アイテムです。 ほうれい線がでる口もとから、頬、目もとにか […]
化粧水つけ方のポイント
化粧水は、洗顔後のPHバランスを整え、毛穴を清潔に保つためのアイテムです。毛穴が汚れたり、すると皮膚呼吸が衰え […]